お買い物はこちら

驚くべき活性酸素の力を解説

活性酸素とはそもそも何か?

活性酸素(かっせいさんそ、英: Reactive Oxygen Species、ROS)は、大気中に含まれる酸素分子がより反応性の高い化合物に変化したものの総称である。
一般的にスーパーオキシドアニオンラジカル(通称スーパーオキシド)、ヒドロキシルラジカル、過酸化水素、一重項酸素の4種類とされる。活性酸素は、酸素分子が不対電子を捕獲することによってスーパーオキシド、ヒドロキシルラジカル、過酸化水素、という順に生成する。スーパーオキシドは酸素分子から生成される最初の還元体であり、他の活性酸素の前駆体であり、生体にとって重要な役割を持つ一酸化窒素と反応してその作用を消滅させる。活性酸素の中でもヒドロキシルラジカルはきわめて反応性が高いラジカルであり、活性酸素による多くの生体損傷はヒドロキシルラジカルによるものとされている。過酸化水素の反応性はそれほど高くなく、生体温度では安定しているが金属イオンや光により容易に分解してヒドロキシルラジカルを生成する。活性酸素は1 日に細胞あたり約10 億個発生し、これに対して生体の活性酸素消去能力(抗酸化機能)が働くものの活性酸素は細胞内のDNAを損傷し、平常の生活でもDNA 損傷の数は細胞あたり一日数万から数10 万個になるがこのDNA 損傷はすぐに修復される(DNA修復)。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

病気の90%に活性酸素が関わっていると言われている

活性酸素は、廊下やメタボリックシンドロームに関係していると言われております。これだけでも、活性酸素はアンチ&リバースエイジングの大敵です。また、それだけでなく、活性酸素は病気の90%にも関係していると言われています。活性酸素の悪さで、私たちの色々な機能が低下します。体調がおかしくなったり、病気になっても決して不思議ではありません。

むしろ活性酸素はもっと直接的に病気に関わっています。遺伝子を傷つけたり壊したりし、病気を引き起こすのです。

活性酸素やフリーラジカルが関与する代表的疾患

循環器系心筋梗塞・不整脈・動脈硬化
呼吸器系肺炎・感染症・肺気腫
脳神経系脳浮腫・脳梗塞・パーキンソン病
消化器系胃潰痛・肝炎・肝硬変
血液系白血病・AIDS・敗血症
内分泌糖尿病・副腎代謝障害・ストレス反応
泌尿器系糸球体腎炎・溶血性腎障害・薬物性腎炎
皮膚やけど・日光性皮膚炎・アトピー
支持組織系関節リウマチ・自己免疫疾患
眼科網膜変性・白内障・
腫瘍血縁による発がん・化学発がんとがん化学療法・放射線療法
医原性疾患薬物障害・制ガン剤の副作用・光線療法
環境汚染疾患重金属障害・喘息
その他手術侵襲・食中毒・壊血病

身体には、活性酸素を消すパワーが備わっています

活性酸素は実に色々な原因で発生します。そのままではいつも病気になり、一方廊下がどんどん進んでしまうことになります。

しかし私たちの身体には、この活性酸素を消すパワーが備わっています。そのパワーも人間のもつ自然治癒能力の一部ですが、本当に人間はよくできております。そのパワーは酵素(こうそ)のパワーです。

酵素と言えば洗剤が有名ではありますが、酵素は化学塩化を促進してくれる物質で主にタンパク質でできています。ここでもっと重要なことがあり、まさに乳酸菌生産物質が酵素の塊であります。活性酸素には主に4つの種類があります。そしてそれら活性酸素を無害化する抗酸化酵素が備わっています。

  1. スーパーオキシドディスムターぜ(SOD)
  2. カタラーゼ
  3. グルタチオンペルオキシターゼ

SODは1秒間に1おくこのスーパーオキシドを消してくれます。ビタミンCもスーパーオキシドを消しますが、SODの方が数千倍ものパワーがあります。

乳酸菌生産物質が活性酸素を減らしたりする可能性が研究・解明されつつあります。

乳酸菌生産物質(バイオジェニックス)は腸内フローラを介さず身体に直接働きかけるという特徴があります。腸内フローラのバランスが正常になるように働きかける物質ですので、体全体に直接作用することで、腸内の免疫機能を活発化したり、コレステロールや血糖や血圧を安定させたり、活性酸素を減らしたりする可能性が研究・解明されつつあり、バイオジェニックスこそが、生活習慣病や老化の防止に有望だという考え方が広まりつつあります。
研究では細胞内活性酸素量を制御し、病気や体の急激な変化などを抑制するということがわかっております。

当店では乳酸菌生産物質を販売しております。

詳しくはこちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ