お買い物はこちら

花粉症の原因とメカニズムの解説まとめ

こんにちは、バイオジェニックス東京です。

今回は花粉症に関する原因とメカニズムに関して書いていきたいと思います。

まず花粉症とは何なのか?

花粉症とは花粉を吸い込んだりすることで「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」等の症状を引き起こすアレルギー性の鼻炎のひとつです。この中でも特にスギ花粉症は冬の終わりから春にかけて、毎年、くしゃみ・鼻みず・鼻づまりなどの症状で多くの人を悩ませています。日本国内では一般的に20%の人がスギ花粉からくる花粉症だと言われております。また、日本ではスギのほかにもヒノキ、イネ、ブタクサ、ヨモギなど約50種類の植物が花粉症を引き起こすとされています。

花粉症の原因は?

花粉症はナッツや甲殻類・そばアレルギーなどと同じ部類で一般的なアレルギー性疾患です。
もともと人の身体には外部から侵入した異物を排除しようとする働きがあるのですが、この異物のことを「抗原」といいます。
そしてその外部から侵入した異物のウィルスは抗原と認識されるので体は守られ病気を防いでいます。
しかし、アレルギーと言うものは本来は無害で身体に何も影響のない異物に対してもこの排除機能が働くため様々な症状が現われます。
排除すべき抗原の種類、排除する反応性は人になって異なりますが、抗原を取り込まなければ症状が現われることはありません。つまり、身体にその抗原を取り込まなければいいのですが、普通の生活をしている中で呼吸している空気中に花粉が散乱しているというのがあり、この抗原から逃げるにはそれなりの工夫が必要となります。

花粉症の対策

ここでは様々な対策を紹介していきますが、一概にこちらが100%効くと言う保証はありませんが、厚生労働省や医学的に推奨している代表例を紹介いたします。

花粉情報に注意する。

毎日ニュースを見ながら花粉症の散布情報をチェックするのは非常に大事です。鼻づまりやくしゃみがある時花粉症だと思わず、風邪と勘違いしてしまうケース少なくありません。

飛散の多い時の外出を控える。外出時にマスク、メガネを使う。

湿気が多い日や雨などの時には飛んでいる量は少ないので問題ない時もありますが、多い日には物理的に身体に取り込むのを防ぐためにマスクやメガネ、または外に外出しないと言う措置を取るのは非常に効果的です。

花粉が付着しやすい毛織物のコートやセーターの着用は避ける。

こちらも同じことが言えます、なるべく家に持ち帰ってしまうのは避けましょう。

洗顔、うがいをし、鼻をかむ。

外に出かけると必ずと言っていいほど身体中に異物が付着しております。これによって家の中でも体内に入ってしまう環境ができてしまうので、家に帰ったら必ず手洗い・うがいを行うことをおすすめいたします。

掃除をする、特に窓際を念入りに掃除する。

花粉が家の中にきやすい状態、もしくはすでに花粉が家中に充満している可能性があるためこまめに家の掃除をしましょう!
掃除機はNGです花粉には拭き掃除がオススメです。

症状緩和のカギ、免疫力を高めるには?

もし、あまりにも花粉の症状が酷い場合は医者に行くのをおすすめしますが、根本的に解決したい方は科学的にどのような対策が必要かご説明します。

免疫力をアップさせる

身体の中にある腸内から改善することをおすすめいたします。俗にいう腸内フローラが起きていると身体が時に健康なので、免疫力がとても高い状態と言えます。腸内にはそもそも善玉菌と悪玉菌がすんでいて、善玉菌が優位な状態だと免疫力が正常に働きやすくなります。そのため、善玉菌を多く含む、ヨーグルトや漬物、みそ、納豆といった食品を食べると免疫力アップにつながります。
いわゆる発酵食品がとても大事だと言うことです。
そして睡眠を十分に取ることが免疫力にとって大切です。花粉症になると鼻づまりで熟睡できない人も多いでしょう。ウェットティッシュや濡れタオルなどで布団やまくらを軽く拭き花粉を除去するなどし、症状を抑えて熟睡できるようにしましょう。身体を温めると免疫力がアップするため、ゆっくりと入浴するのもオススメです。

当店は乳酸菌生産物質を販売している会社でもしよろしければこちらもお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ