お買い物はこちら

乳酸菌生産物質(乳酸菌産生物質)はいつ飲むのがいい?乳酸菌生産物質を効率よく摂る方法

そもそも乳酸菌生産物質とはなんでしょうか?という方もいらっしゃるかと思いますのでその場合はこちらからご覧になってください。

今回は乳酸菌生産物質を飲むタイミングが一番ベストな時期について解説したいと思います。

ポイント:乳酸菌生産物質とは乳酸菌が出した代謝物であるということ

この「乳酸菌生産物質」を細かく分析しますと、高濃度のアミノ酸、ビタミン、ミネラルや様々な微量栄養素の集合体です。これらが私たちの腸壁から吸収され、血液に乗って各種臓器や細胞(ミトコンドリア)まで届けられ、生命活動のエネルギーとなっているのです。

体の吸収を第一に考えて一番空腹時がベスト

水またはぬるま湯で一番空腹のタイミング

  • 朝起きた時に第一に
  • 夕食前の空腹時に

が一番ベストとされております。

一度に大量ではなく、毎日少しずつ摂り続ける

大腸の発酵タンクは生きている限り、休みなく稼動しています。そこでつくられる生産物質の量は、多いほうが良いとはいえ、そこにはある程度限度があります。

乳酸菌生産物質を外から摂るということは、加齢などで大腸の発酵タンクでの生産が落ちると考えられる生産物質を補うことですが、極端に大量に摂っても逆に、タンクから身体の細胞へと運ぶ輸送が追い付かず、無駄になってしまうと考えられます。

それよりも、大量ではなくても毎日、摂り続けることのほうが、生産物質を安定して効率よく身体に届けるにはベターですし、腸内環境は日々のストレスや食生活などの生活状況に影響を受けますから、腸内フローラを良い状態に保つためにも良いかと思います。

飲み忘れがないようにするには、毎日摂るタイミングを決めて習慣にするのが最も良い方法だと思います。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

当社では乳酸菌生産物質を販売しておりますのでぜひ興味がありましたらご覧くださいませ。Philosophy オンラインショップはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ