お買い物はこちら

乳酸菌が腸内の免疫細胞活性化 初めて解明

皆様こんにちは、Biogenics Tokyoです。今回はNHKで紹介された(2018年1月11日)免疫細胞活性化に関してご説明させていただきたいと思います。

2018年に食品に含まれる乳酸菌が作り出す物質が腸内で免疫細胞を活性化させる仕組みを、マウスを使った実験で初めて解明したとフランスのパスツール研究所などのグループが発表いたしました。

この研究はフランスのパスツール研究所が大手食品会社の「明治」と共同で行ったものです。

グループでは乳製品に含まれる「OLL1073R-1」と呼ばれる乳酸菌が作りだす物質「多糖類」に注目しまして、この多糖類をマウスに1週間投与したところ腸内で免疫反応を担うT細胞の量が水だけを飲ませたマウスと比べておよそ2倍から4倍に増えているという結果が出てきました。

乳酸菌が腸内で免疫活動に影響を及ぼすことは今までたくさんのところで知られてはいましたが乳酸菌が分泌する物質が免疫細胞の受容体と反応し活性化させているのが解明されたのはこちらが初めてとなっているそうです。

腸内の免疫の働きに詳しい理化学研究所統合生命医科学研究センターの大野博司氏は「人が食べる食品と、腸内の細菌、それに免疫への影響は世界的に注目され、研究が勧められている分野だが、具体的な作用の仕組みがわかっていないことが多い。食品の特定の物質とその作用のメカニズムがわかったのは大きな進歩だ」とコメントしております。

目次(もくじ)

ここで説明している乳酸菌生産物質とは何か?

「乳酸菌生産物質」とは、乳酸菌が発酵する過程でできる物質のことです。乳酸菌そのものではなく、乳酸菌が生み出した発酵代謝物のこと。人間の腸内には、なんと1000種類以上、100兆個もの腸内細菌が生息していると言われ、絶えず相互に影響しながら様々な活動をしています。腸内細菌叢(腸内フローラ=腸内のお花畑)です。

腸内フローラとは?

その腸内のことを腸内細菌叢(腸内フローラ=腸内のお花畑)と呼び、一般的に、健康な人の腸は善玉菌が優勢で、健康を害している人の腸は悪玉菌が優位になっていると言われています。ちなみに、便は「たより」と読み、健康のバロメーターは、便を見るとわかるとも言われています。また最新の研究では、善玉菌でも悪玉菌でもないどっちつかずの日和見菌が腸内細菌のほとんどを占めていて、食べたものや環境、ストレスなどで、その日和見菌が善玉菌にも悪玉菌にもなることもわかっています。詳しくはこちら


乳酸菌と乳酸菌生産物質の違いはなにか?

乳酸菌の代謝過程が作り出す有用成分が乳酸菌生産物質です。

「乳酸菌生産物質」は乳酸菌そのものとは違って、生きた菌ではありませんので、飲んでも胃酸や胆汁の影響を受けることなく腸まで届き、吸収されると免疫細胞の働きを活性化するなど体にとって様々な良い働きをすることがわかっています。詳しくはこちら

当社は国産の原料を使った乳酸菌生産物質を販売しております。

腸内美容サプリメント PHILOSOPHY(フィロソフィ)

ご購入はこちらまで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ