お買い物はこちら

乳酸菌が腸内の免疫細胞活性化 初めて解明

皆様こんにちは、Biogenics Tokyoです。

今回はNHKで紹介された(2018年1月11日)免疫細胞活性化に関してご紹介させていただきたいと思います。

2018年に食品に含まれる乳酸菌が作り出す物質が腸内で免疫細胞を活性化させる仕組みを、マウスを使った実験で初めて解明したとフランスのパスツール研究所などのグループが発表いたしました。

この研究はフランスのパスツール研究所が大手食品会社の「明治」と共同で行ったものです。

研究グループでは

乳製品に含まれる「OLL1073R-1」と呼ばれる乳酸菌が作りだす物質「多糖類」に注目し、この多糖類をマウスに1週間投与したところ腸内で免疫反応を担うT細胞の量が、水だけを飲ませたマウスと比べておよそ2倍から4倍に増えているという結果が出ました。

乳酸菌が腸内で免疫活動に影響を及ぼすことは今まで広く知られてはいましたが

乳酸菌が作り出す物質が免疫細胞の受容体と反応し、免疫を活性化させていることが今回この実験により明らかにされました。

腸内の免疫の働きに詳しい理化学研究所統合生命医科学研究センターの大野博司氏は

「人が食べる食品と、腸内の細菌、それに免疫への影響は世界的に注目され、研究が勧められている分野だが、具体的な作用の仕組みがわかっていないことが多い。食品に含まれる特定の乳酸菌とその作用のメカニズムがわかったのは大きな進歩だ」とコメントされました。

乳酸菌生産物質とは?

「乳酸菌生産物質」とは、乳酸菌が発酵する過程でできる乳酸菌が産生する物質のことです。乳酸菌そのものではなく、乳酸菌が作り出した代謝物のことを指します。人間の腸内には、なんと1000種類以上、100兆個もの腸内細菌が生息していると言われ、絶えず相互に影響しながら様々な代謝物を産生しながら活動をしています。

腸内フローラとは?

腸内細菌は、菌種ごとに群れをなし、テリトリーを形成し、そのテリトリーを保ちながら、腸壁に隙間なくびっしりと張り付いています。

この状態は、お花畑に似ていることから、腸内フローラと呼ばれ、正式名称は、「腸内細菌叢ちょうないさいきんそう」と言われています。

腸内細菌叢のパターンは、実は一人ひとり違います。生活環境や食生活、生活習慣も関係しますが、実は一番大きな影響を与えているのは、母親の腸内環境だと言われているのです。人は母胎内では、無菌状態ですが、母親の産道を通って出生するとき、細菌に触れ様々な菌をもらい受けます。それらが赤ちゃんの腸内に入り込み腸内細菌として増殖・定着していくのです。腸内細菌叢の原型は、このように作られていき、3歳ごろまでにパターンが形成され、生涯変わることがないと言われています。

TVコマーシャルで、カラダに良い、有効だと言われる、乳酸菌やビフィズス菌を摂取しても、あまり効果を感じなかった方、下痢をしてしまった方、の報告が一定数あるのは、

オリジナルの腸内細菌叢が、外からの来た微生物や、菌の腸内定着を阻害する働き、定着抵抗性(CR)を持つからなのです。

乳酸菌と乳酸菌生産物質の違いはなにか?

乳酸菌、ビフィズス菌が作り出す有用成分が乳酸菌生産物質です。

乳酸菌生産物質とは、私たちの腸内に棲む、善玉菌が作り出してくれる、

健やかな日常生活を支える、成分。

腸内細菌は、私たちが食べたものをエサに、増殖したり、菌が棲みやすい環境を整えながら毎日さまざまな代謝物を作り出すことで、人体に影響を与え続けています。

その中でも特に善玉菌が創り出す代謝物には、

私たちの身体が喜ぶ、多様で機能性豊かな栄養素が豊富に含まれています。

健康を保つカギは、私たちのカラダにとって有益な腸内細菌がどれだけ良い仕事をし、どれだけ良い代謝物を産生してくれているか、なのです。

 

当社は国産の原料を使った乳酸菌生産物質を販売しております

 

Biogenics Tokyoの 乳酸菌生産物質サプリメント『PHILOSOPHY』と『PUREは、

ヒトの体に有益な乳酸菌とビフィズス菌だけを選りすぐり、

菌が創り出した代謝物、乳酸菌産生(生産)物質のサプリメントです。

原材料への徹底したこだわりと、乳酸菌とビフィズス菌の機能性と成分を最大限に生かす製法、で皆様オリジナルの腸内細菌叢の働きを速やかに、アクティベートし支えます。

フィロソフィーオンラインショップはこちら

 

ご購入はこちらまで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。