お買い物はこちら

梅雨の体調不良に乳酸菌生産物質は効果があるのか?

皆様こんにちは、Biogenics Tokyoです。
今年は例年よりも早く5月の中旬から全国的に梅雨のシーズンがやってきました。

この季節はだるさ、体の重さ、朝すぐに起きられない…。 そんなことが多くなりがちです。
季節の変わり目では、寒暖差も激しくなり、 気圧の変化により、 自律神経におおきな負荷がかかったり、体調が乱れがちになったりします。
この自律神経の乱れが、梅雨の不調につながっていると一般的に知られています。

今回はそんなお悩みを乳酸菌生産物質の力で解消することができるのかご説明していきたいと思います。


乳酸菌生産物質と梅雨の関係性は?

実は、自律神経と腸は密接な関係があり、腸内環境を整えることが、

不調を感じることなく乗り切るための重要な役割を担っております。

取り組むべきことは?

まず取り組むべきなのは
【食事】【運動】【睡眠】の質を改善していくことです。

この中で比較的着手しやすいのが【食事】です。
腸内には「善玉菌」、「悪玉菌」、「日和見菌」の3種類の菌が存在しますが
善玉菌が減ってしまうと、腸内環境が悪化します。

善玉菌のエサとなる「食物繊維」や、善玉菌の生育を助ける「醗酵食品」を積極的に取り入れながら

「善玉菌」を増やすようにしましょう。

「善玉菌」を増やす為に取り入れていきたい食事

  • 発酵食品
    ・ヨーグルトや乳酸菌飲料
    ・キムチ
    ・ぬか漬け など
  • バナナ
    ⇨バナナに多く含まれる食物繊維とオリゴ糖が善玉菌のエサになります。
  • キノコ類
    ・しいたけ
    ・まいたけ
    ・しめじ
    ・えのき
    ・エリンギ など
  • ごぼう
    ⇨ごぼうに含まれるタンニンやクロロゲン酸には強い抗酸化力があり
     水溶性食物繊維のイヌリンが腸内で善玉菌のエサになるオリゴ糖に分解されます。


日々の食事で「善玉菌」を増やすことが難しい方へ

当社では国産の原料を使った乳酸菌生産物質を販売しております。
お仕事が忙しい方、今回ご紹介したような食事を継続して取り入れることが難しい方は
当社の乳酸菌生産物質を取り入れてみてはいかがでしょうか?

「乳酸菌生産物質」とは、乳酸菌が作り出す天然成分のことです。
乳酸菌そのものではなく、乳酸菌が生み出した成分のことを指します。


人間の腸内には、なんと1000種類以上、100兆個もの腸内細菌が生息していると言われ
絶えず相互に影響しながら様々な活動をし、その過程で腸内細菌は多種多様な成分を産生しています。

健康な人の腸は善玉菌が優勢に働き、健康を害している人の腸は悪玉菌が優位になっていると言われています。 善玉菌でも悪玉菌でもない、どっちつかずの日和見菌が腸内細菌の7割を占めており、食事や環境、ストレスなどで、その日和見菌が善玉菌にも悪玉菌にもなることもわかっています 。

ひとは、乳酸菌を腸で吸収しているのではありません。

腸内細菌が作り出す成分を腸内で吸収し、全身状態を維持しているのです。

人に合う合わないがある乳酸菌、腸内では定着しないと言われる乳酸菌ではなく、

乳酸菌生産物質を是非一度お試しください。

水なしでも口どけよく、お子様からお年寄りまで、飲みやすい顆粒タイプの「PHILOSOPHY」と
乳酸菌生産物質の、濃縮原液「PURE」をそれぞれご用意しております。

どちらも日々の食事よりもお手軽に取り入れることができますので
気になる方はこちらのリンクからご確認ください

ご購入はこちらまで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。