お買い物はこちら

乳酸菌が腸内の免疫細胞活性化 初めて解明

皆様こんにちは、Biogenics Tokyoです。

今回はNHKで紹介された(2018年1月11日)免疫細胞活性化に関してご紹介させていただきたいと思います。

2018年に食品に含まれる乳酸菌が作り出す物質が腸内で免疫細胞を活性化させる仕組みを、マウスを使った実験で初めて解明したとフランスのパスツール研究所などのグループが発表いたしました。

この研究はフランスのパスツール研究所が大手食品会社の「明治」と共同で行ったものです。

研究グループでは

乳製品に含まれる「OLL1073R-1」と呼ばれる乳酸菌が作りだす物質「多糖類」に注目し、この多糖類をマウスに1週間投与したところ腸内で免疫反応を担う、T細胞の量が、水だけを飲ませたマウスと比べておよそ2倍から4倍に増加したという結果が出ました。

乳酸菌が腸内で免疫活動に影響を及ぼすことは今まで広く知られてはいましたが

乳酸菌が作り出す物質が免疫細胞の受容体と反応し、免疫を活性化させていることが今回この実験により明らかにされました。

腸内の免疫の働きに詳しい理化学研究所統合生命医科学研究センターの大野博司氏は

「人が食べる食品と、腸内の細菌、それに免疫への影響は世界的に注目され、研究が進められている分野だが、具体的な作用の仕組みがわかっていないことが多い。食品に含まれる特定の乳酸菌とそのメカニズムがわかったのは大きな進歩だ」とコメントされました。

乳酸菌が作り出す物質とは?

そのなかでも『乳酸菌』は、生体活動の一つである、「発酵」を行うことで、

食品の栄養価を上げ、ヨーグルトや、漬物、チーズといった、発酵食品を通し

古来より、私たちの健康と豊かな食生活に寄与してくれています。

私たちの身体に良い働きをすることで知られ、私たちの腸内にもいるのが善玉菌と呼ばれる『乳酸菌』と『ビフィズス菌』です。


人間の腸内には、なんと1000種類以上、100兆個もの腸内細菌が生息していると言われ、私たちが食べたものをエサに、腸内細菌叢(腸内フローラは)分解、代謝、発酵といった生体活動の中で絶えず様々な代謝物を産生しています。

腸内フローラとは?

腸内細菌は、菌種ごとに群れをなし、テリトリーを形成し、そのテリトリーを保ちながら、腸壁に隙間なくびっしりと張り付いています。

この状態は、お花畑に似ていることから、腸内フローラと呼ばれ、正式名称は、「腸内細菌叢ちょうないさいきんそう」と言われています。

腸内細菌叢のパターンは、実は一人ひとり違います。生活環境や食生活、生活習慣も関係しますが、実は一番大きな影響を与えている要因の一つが、母親の腸内環境だと言われているのです。人は胎内では、無菌状態ですが、母親の産道を通って出生するとき、細菌に触れ様々な菌をもらい受けます。それらが赤ちゃんの腸内に入り込み腸内細菌として増殖・定着していくのです。

私たちが個々に持つ腸内細菌叢の原型は、この世に生まれ出でから3歳ごろまでに形成され、そのパターンは生涯変わることがないとも言われています。

TVコマーシャル等で、カラダに良い、有効だと言われる、乳酸菌やビフィズス菌を摂取しても、あまり効果を感じなかった方、下痢をしてしまう方、の報告が一定数あるのは、実は、オリジナルの腸内細菌叢が、外からの来た微生物(プロバイオティクスに分類される生菌)の腸内定着を阻害する働き、定着抵抗性(CR)を持ち、定着を許容しないメカニズムが働くからなのです。

そこでお勧めしたいのが、菌種によって、合う合わない、効く効かないといった、不安を解消してくれる、最新の腸活成分『バイオジェニックス』です。

乳酸菌(プロバイオティクス)と、乳酸菌の産生成分(バイオジェニックス)の違いはなにか?

善玉菌・悪玉菌の名付け親であり、腸内細菌学の世界的権威、ビフィズス菌研究の第一人者でもある東京大学名誉教授の光岡知足先生が提唱されたのが、この『バイオジェニック』です。

光岡先生の文献によると、『バイオジェニックス』は、直接、あるいは腸内フローラを介して

『免疫賦活、コレステロール低下作用、血圧降下作用、整腸作用、抗腫瘍効果、抗血栓、造血作用などの生体調整、生体防御、疾病予防、回復、老化制御などに働く食品成分』として、定義されています。

 

バイオジェニックスの語源は、『Biogenicsー』生物により産生されたという意味を持ち、バイオジェニックスは、乳酸菌が持つ弱点を克服する成分として注目されています。

 

 

当社は国産の原料を使った乳酸菌生産物質を販売しております

 

Biogenics Tokyoサプリメント『PHILOSOPHYは、

ヒトの体に有益な乳酸菌とビフィズス菌だけを選りすぐり、

それらの菌をもちいて、健康な腸を外の世界で再現することにより生まれた、

有用菌16種(乳酸菌・ビフィズス菌)が創り出した代謝物『バイオジェニックス』

+善玉菌にだけ選択的に作用すると言われる高機能オリゴ糖ケストース『プレバイオティクス』を、水なしでも、毎日、どこにいても美味しく継続していただける、顆粒状サプリメントです。

 

有用菌がつくり出した最終形の栄養成分そのものなので、あなたオリジナルの腸内菌との相性を心配する必要があありません。また、菌がつくり出した、分子の細かい栄養素は、代謝吸収においても、消化器官に過度な負担になることなく、カラダに最も優しいのが特徴です。

経口摂取された、成分は速やかに吸収され、よりスピーディーにご体感いただけます。

 

原材料への徹底したこだわりと、乳酸菌とビフィズス菌の機能性と成分を最大限に生かす製法、で皆様オリジナルの腸内細菌叢の働きを速やかに、アクティベートし支えます。

フィロソフィーオンラインショップはこちら

BiogenicsTokyoは、バイオジェニックスの専門店として、バイオジェニックスをベースに、乳酸菌、ビフィズス菌の有用な菌体成分を含むサプリメントも商品展開がございますので、その他製品のお問合せもお待ちしております。

ご購入はこちらまで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。